ニュースリリースを無料で掲載できる。

  • NPLUS.INC
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/03/27 16:00

情報協力 : DreamNews


今日の自動車にドライバーモニタリングシステムを搭載すべき理由など、ドライバーモニタリングシステムに関連したトピックスを幅広く取り上げたレポートをリリース

自動車OEMが生産準備の完了したSAEレベル3車両をいち早く市場投入しようと競争を展開する中、人間とマシン間の安全なインタラクションを実現するために、ドライバーを体の姿勢・位置と認知負荷の双方の観点からモ...

自動車OEMが生産準備の完了したSAEレベル3車両をいち早く市場投入しようと競争を展開する中、人間とマシン間の安全なインタラクションを実現するために、ドライバーを体の姿勢・位置と認知負荷の双方の観点からモニタリングするアプローチがより重要となります。近年、自動車へのドライバーモニタリングシステムの搭載が一般的になっている中で、現在、カメラベースシステムの導入が徐々に広がっています。

英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛ける株式会社SBDジャパン(名古屋市)では、ドライバーモニタリングおよび、Euro NCAPが2022年に評価項目に加える計画の車内置き去り検知システムの研究・開発動向、OEM、Tier 1サプライヤー、その他業界主要プレイヤーが導入済みまたは開発中のソリューション、L3/L4今後の要件について考察・解説したレポート「ドライバーおよび車室内のモニタリング:L2とL3/4のソリューションおよび今後の要件」を2020年3月24日に発行いたしました。

https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/810-20_IB_J.pdf


<本書の構成>
本書では下記セクションごとにドライバーおよび車室内のモニタリングについて詳説しています。

ドライバーモニタリングの必要性:現在のドライバーモニタリングシステム、SAEによる自動運転レベルの定義、なぜドライバーモニタリングが必要なのか、モニタリングすべきドライバーの状態とパラメータ―などについて解説します。
ドライバーモニタリングエコシステム:ドライバーモニタリングエコシステムの概要、主要キープレイヤーの搭載状況、提携企業などについて紹介します。
幼児置き去り検知:欧州および米国で搭載の義務付けが検討されている幼児置き去り検知システムの現在の状況、使用センサ、サプライヤー、OEMソリューションについて紹介し、SBDの推奨事項を示します。
法規制&消費者団体:欧州、米国、中国および日本におけるドライバーモニタリング関する法規制および消費者団体の動向について解説します。
SAE L3/L4の今後の要件:自動化によるドライバーへの影響、既にオートパイロット機能が導入されている航空業界との比較、SAEレベル別要件、運転操作引継ぎ要請中および運転操作移行中のドライバーモニタリングなどについて考察します。
SBDによる分析&考察:主要プレイヤーによるドライバーモニタリング開発状況および傾向についてまとめます。

レポートの詳細
https://www.sbdautomotive.com/files/sbd/pdfs/sbdj/810-20_IB_J.pdf

本レポートの詳細に関するお問い合わせは下記にて承っております。

株式会社 SBDジャパン
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル6F
Tel: 052 253 6201
E-mail: postbox@sbdautomotive.com
https://www.sbdautomotive.com/ja/

【SBDについて】
英国を本拠とする自動車技術の調査・コンサルティング会社です。1997年の創業以来、日本、欧州(英国とドイツ)、米国、中国の拠点から自動車業界に携わるクライアントをグローバルにサポートしています。
クライアントは自動車メーカー、サプライヤー、保険業界、通信業界、政府・公的機関、研究機関など自動車業界のバリューチェーン全体。調査対象エリアは欧州、北米、中国、ブラジル、インド、ロシア、東南アジアなど世界各国の市場を網羅。自動車セキュリティおよびIT、コネクテッドカー、自動運転などの分野において調査を実施、各種レポートやコンサルティングサービスを提供しています。

配信元企業:株式会社SBDジャパン
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

詳細情報 : http://www.dreamnews.jp/press/0000212515/

戻る

Copyright© N PLUS,inc. All Rights Reserved.