ニュースリリースを無料で掲載できる。

  • NPLUS.INC
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/07/01 15:00

情報協力 : DreamNews


「光インターコネクトの世界市場:製品カテゴリ別、用途別2025年予測」リサーチ最新版刊行

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「光インターコネクトの世界市場:製品カテゴリ別、用途別2025年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】光インターコネクト市場は今後成長が期待...

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「光インターコネクトの世界市場:製品カテゴリ別、用途別2025年予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
光インターコネクト市場は今後成長が期待され、その世界市場規模は2020年の90億ドルから2025年には171億ドルに達するとレポートでは予測しています。当レポートでは、2025年に至る光インターコネクトの世界市場予測(市場規模US$)、製品カテゴリ別市場(ケーブルアセンブリ各種、コネクタ、光トランシーバ、自由空間光学/ファイバー/導波路、シリコンフォトニクス、PICベース相互接続、光学エンジン)、インターコネクトレベル別市場(メトロ/長距離、ボード間/ラックレベル、チップ/ボードレベル)、ファイバモード別市場(シングルモードファイバ、マルチモードファイバ)、データレート別市場(10GBPS未満、10GBPS-40GBPS、41GBPS-100GBPS、100GBPS超)、距離別市場(1キロ未満、1-10キロ、11-100キロ、100キロ超)、用途別市場(データ通信各種、電気通信)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業10社プロフィール動向などの情報も交えて、光インターコネクト市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
光インターコネクトの世界市場:製品カテゴリ別、用途別2025年予測
Optical Interconnect Market by Product Category (Cable Assemblies, Connectors, Optical Transceivers), Interconnect Level, Fiber Mode, Data Rate, Distance, Application (Data Communication, Telecommunication), Region - Global Forecast to 2025
http://researchstation.jp/report/MAM/20/Optical_Interconnect_2025_MAM2002.html

【レポート構成概要】
◆光インターコネクトの世界市場予測2017-2025年
・市場規模(US$)

◆製品カテゴリ別、市場-2025年
ケーブルアセンブリ
-QSFP
-CXP
-CFP
-CDFP
-その他
コネクタ
光トランシーバ
自由空間光学/ファイバー/導波路
シリコンフォトニクス
PICベース相互接続
光学エンジン
※(市場規模US$)

◆インターコネクトレベル別、市場-2025年
・メトロ/長距離
・ボード間/ラックレベル
・チップ/ボードレベル
※(市場規模US$)

◆ファイバモード別、市場-2025年
・シングルモードファイバ
・マルチモードファイバ
※(市場規模US$)

◆データレート別、市場-2025年
・10GBPS未満
・10GBPS-40GBPS
・41GBPS-100GBPS
・100GBPS超
※(市場規模US$)

◆距離別、市場-2025年
・1キロ未満
・1-10キロ
・11-100キロ
・100キロ超
※(市場規模US$)

◆用途別、市場-2025年
データ通信
・データセンター
・高性能コンピューティング(HPC)
電気通信
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2025年
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・英国、ドイツ、フランス、オランダ
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、インド、韓国
・その他アジア太平洋
その他地域
・南米
・中東アフリカ
※地域別にインターコネクトレベル別、用途別各種の細分化データ掲載、詳細は目次参照
※国別に用途別各種の細分化データ掲載

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・COVID-19が光インターコネクト市場に与える影響
・使用事例
・競合状況

◆光インターコネクトの主要企業プロフィール動向
・II-VI INCORPORATED
・LUMENTUM OPERATIONS LLC
・MOLEX, LLC
・INNOLIGHT TECHNOLOGY (SUZHOU) LTD.
・NVIDIA CORPORATION
・住友電気工業株式会社
・BROADCOM INC.
・TE CONNECTIVITY
・富士通株式会社
・INFINERA CORPORATION

(その他企業)
・ACACIA COMMUNICATIONS, INC.
・ACCELINK TECHNOLOGY CO. LTD.
・JUNIPER NETWORKS, INC.
・AMPHENOL CORPORATION
・NEOPHOTONICS CORPORATION
(全183頁)



【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/20/Optical_Interconnect_2025_MAM2002.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年7月1日

★関連レポート
「光通信およびネットワーク機器の世界市場:2025年に至る技術別、コンポーネント別予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Optical_Communication_and_Networking_Equipment_2025_MAM1875.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

配信元企業:リサーチステーション合同会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

詳細情報 : http://www.dreamnews.jp/press/0000218178/

戻る

Copyright© N PLUS,inc. All Rights Reserved.