ニュースリリースを無料で掲載できる。

  • NPLUS.INC
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/07/01 17:30

情報協力 : @Press


BrandZ(TM)が2020年最も価値のあるグローバルブランドTOP100を発表 Haierが、唯一のIoTエコシステムブランドとしてランクイン

6月30日、ロンドンに拠点を置く世界最大の通信サービスグループのWPPは、同社の洞察とコンサルティング会社カンター(Kantar)と一緒に、栄誉ある2020年BrandZの最も価値のあるグローバルブランドランキングTOP100を発表しました。ハイアール(Haier)が再び唯一のIoTエコシステムブランドとして格付けされ、そのブランド価値は2019年の163億ドルから今年18.7十億ドルにまで上昇し、89位から68位にランクインしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/217619/LL_img_217619_1.jpg
BrandZ(TM)最新のランク

BrandZのリストは、グローバルブランドのイノベーションのトップとして常に位置付けられ、消費者のインサイトを取り入れた唯一のブランドランキングとなりました。BrandZは毎年、ブランド・エクイティ開発で最も著名なブランドに対して個別のアワードがあります。今年のスペシャルアワードは、「IoTエコシステムブランド」の世界初の受賞企業としてハイアールに贈られ、IoT時代のエコシステムブランド戦略の先駆けとして認められました。

ハイアールはこのカテゴリにおいて、唯一のブランドとしての地位を維持し続け、IoTエコシステムの価値とハイアールの同分野でのリードに対するカンターから継続的に認知されました。この1年間、ハイアールは、COVID-19パンデミックを含むグローバルな課題に対しての卓越した対応力を通じて、IoTエコシステムブランドの魅力と価値を、有無をいわさず実証してきました。

2019年のグローバル家電業界の全体的な衰退を背景に、ハイアールグループのハイアールスマートホーム(Haier Smart Home)は、エコシステムの収益は48億人民元に達し、前年比で68%増加し、売り上げと純利益の両方で積極的な成長が続いています。ハイアールのCOSMOPlatは、グローバルカスタマイゼーションの模範かつ独占的な存在であり、COVID-19との戦いに大きな価値をもたらし、生産の再開を促進と、中小企業のビジネス変革を加速させました。冷凍保存技術をバイオセーフティとIoTに応用するリーダー企業であるハイアールバイオメディカル(Haier Biomedical)は、今年度の第1四半期に32.74%の収益成長を達成し、海外市場で前年比92.6%の大幅な収益成長を達成しました。

ハイアールは、エコシステムブランドとしての堅牢な開発を、創業者の張瑞敏(ZHANG Ruimin)氏が考案したRendanheyiモデルに沿って行います。そして、顧客に最大の価値を生み出すことで個人の価値を最大化し、ハイアールに「戦略の弾力性、組織の柔軟性、そしてメカニズムの順応性」をもたらすように各従業員に働きかけます。ハイアールは、Rendanheyiモデルが、ユースシナリオが製品やエコシステムよりも業界に優先されることになる、展開中のIoT時代におけるユースケースやエコシステムに焦点を当てたブランドとして、その成長を推進し続けることを期待しています。

ユースシナリオのブランドとして、ハイアールはユーザーに素晴らしい人生を追求するための有効なソリューションを提供することにコミットしています。 つまり、ハイアールはエコシステムブランドとして、包括的なWin-Winの精神で他の業界やビジネスに活力を与え、エコシステムパートナーと連携して、進化するエコシステムを構築するためにユーザーに価値を提供することをミッションとしています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

詳細情報 : https://www.atpress.ne.jp/news/217619

戻る

Copyright© N PLUS,inc. All Rights Reserved.