ニュースリリースを無料で掲載できる。

  • NPLUS.INC
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/07/31 16:00

情報協力 : DreamNews


TPCマーケティングリサーチ株式会社、2020年 たんぱく質補給商品市場について調査結果を発表

2019年度のたんぱく質補給商品市場は、前年度比10.5%増の1,750億円となった。同市場は、2010年度から9年連続で市場が拡大している。この要因としては、プロテインドリンクやプロテインバーなどが好調に推移した...

2019年度のたんぱく質補給商品市場は、前年度比10.5%増の1,750億円となった。同市場は、2010年度から9年連続で市場が拡大している。この要因としては、プロテインドリンクやプロテインバーなどが好調に推移したことが挙げられる。当資料では、たんぱく質補給商品をプロテイン、たんぱく質補助食品、加工食品の3カテゴリーに分類し、各カテゴリーにおける商品展開状況や参入企業の取り組み、市場規模、今後の市場性について分析している。

概要
◆2019年度のたんぱく質補給商品の市場規模は前年度比10.5%増の1,750億円となり、2010年度から9年連続で増加している。市場拡大の主な要因としては、プロテインドリンクやプロテインバーなどが好調に推移したことが挙げられる。

◆プロテインドリンクは、明治の「ザバス MILK PROTEIN」が非常に好調に推移している。同商品は、簡単にたんぱく質を摂取できる手軽さが受け入れられているほか、美容・ボディメイクを訴求した女性向け商品を上市するなどラインアップを強化したことで売上を伸ばしている。また、プロテインバーは手軽に摂れることに加えて、仕事中の休憩時の健康おやつや食事の間の小腹満たしといったシーンでの利用提案が女性に受け入れられている。

◆また、プロテイン以外の加工食品やたんぱく質補助食品などの商品数も増加している。中でも、加工食品は普段の食事からたんぱく質をとることができる点が無理なくたんぱく質を摂りたい需要を獲得している。特に、サラダチキンは高たんぱくである点に加えて低糖質・低脂肪である点を訴求することで、ダイエットやボディメイクなどを求める女性からの需要も高まっている。

◆2020年度で前年度比7.9%増の1,888億円となる見込み。同市場は、たんぱく質の重要性が消費者に広がっていくことや東京オリンピック・パラリンピックをはじめとする大型スポーツイベントの開催、「日本人の食事摂取基準」の改定による高齢者のたんぱく質摂取目標量の引き上げ、美容・ダイエット目的の女性ユーザーの増加などの要因により、引き続き伸長するとみられる。

◆当資料ではたんぱく質補給商品をプロテイン、たんぱく質補助食品、加工食品の3カテゴリーに分類し、各カテゴリーにおける商品展開状況や参入企業の取り組み、市場規模、今後の市場性まで多角的に調査・分析することで、参入企業各社のマーケティング活動に資するデータを提供することを目的としている。

【調査対象カテゴリー】
◆プロテイン
粉末、顆粒・粒、プロテインドリンク、プロテインゼリー、プロテインバー、1食置換食品
◆加工食品
サラダチキン、ヨーグルト・チーズ、麺類、調味料、惣菜・おかず、スープ、菓子・デザート、
飲料、ちくわ・ソーセージ類、スマイルケア食(青)
◆たんぱく質補助食品
大人向け粉ミルク、たんぱく質パウダー



TPC市場調査レポート
「2020年 たんぱく質補給商品の市場分析調査」
―手軽に摂れる商品の増加や女性ユーザーの獲得により市場が拡大―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr120200521
資料体裁:A4判120頁
発刊日:2020年7月28日
頒価:97,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531

配信元企業:TPCマーケティングリサーチ株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

詳細情報 : http://www.dreamnews.jp/press/0000219876/

戻る

Copyright© N PLUS,inc. All Rights Reserved.