ニュースリリースを無料で掲載できる。

  • NPLUS.INC
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/07/31 17:00

情報協力 : valuepress


有機油糧種子栽培の市場規模、COVID-19の影響で2020年に縮小するも、2023年にはCAGR6.96%で回復 健康や環境への意識の向上により、需要拡大

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「有機油糧種子栽培の世界市場 (2020-30年):Covid-19の影響」 (The Business Research Company) の販売を7月31日より開始いたしました。

有機油糧種子栽培市場は、人工肥料や農薬、遺伝子組み換え生物を使用せずに有機的に生産している農場による油糧種子の販売で構成されています。

有機油糧種子栽培の市場規模は、2019年の79億1000万米ドルから2020年には79億米ドルに減少し、CAGRは-0.08%に縮小すると予想されています。この減少は主にCOVID-19の影響によるものです。その後、市場は回復し、CAGR6.96%で拡大し、2023年には96億7000万米ドルに達すると予想されています。

市場は、種類別に、大豆、ゴマ、菜種、落花生、ヒマワリの種、その他に分類され、用途別に、家庭用消費、食品サービス、バイオ燃料、その他に分類されています。

有機油糧種子とその副産物から抽出される有機油に対する需要の高まりが、有機油糧農業市場を牽引しています。油の生産に関して、個人の健康だけでなく、環境への影響に対する意識の向上により、有機油種子から生産された油が好まれるようになりました。需要は食用だけでなく、化粧品の生産にも向けられています。抽出後の副産物は、有機的な方法で飼育された動物の、高タンパク有機飼料として利用されています。
例えば、2019年6月、スコットランドの5つの農家は、スコットランドの農村イノベーション支援サービス(RISS)の後押しを受けて、飼料加工業者とともにパイロットプロジェクトを開始しました。豚用の有機タンパク質飼料の需要を満たす、英国初のオーガニック菜種作物を栽培することがこのプロジェクトの目的でした。

また、Trillium Organics社は、有機的に生産された原料から作られたUSDA(農務省)認証のオーガニックスキンケア製品を提供しています。彼らのオーガニックボディオイルは、オリーブオイル、ホホバオイル、ヒマワリオイルを使用しています。有機油糧種子とその副産物から抽出されたオーガニックオイルに対する需要の高まりが、市場を牽引しています。

機械を利用した雑草管理は、市場で人気を集めています。有機油糧種子に関連する最も一般的な問題は、作物を根絶する雑草の成長です。非化学的に雑草を除去するために、Vytautas Magnus大学農業アカデミーは、フィールド実験を実施し、干ばつの年にバイオ製剤と併用して、熱や機械による処理を行うことで、成長期である春と秋の雑草の数を大幅に減らしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc945330-organic-oilseed-farming-global-market-report-30.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

詳細情報 : https://www.value-press.com/pressrelease/249805

戻る

Copyright© N PLUS,inc. All Rights Reserved.