ニュースリリースを無料で掲載できる。

  • NPLUS.INC
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020/04/07 09:00

情報協力 : valuepress


コロナ感染数・急増|その理由とは?

-消費と経済を、わかりやすく解説する「消費者経済総研」-

新型コロナウイルスに罹患された患者さま、

被害に遭われた皆さま、影響を受けられた皆さま、    
また、その関係者の皆さまに、心より、お見舞い申し上げます。


■ 3月下旬から、東京都のコロナ「感染数が急増」しました。

 その理由 とは ? これらのテーマに、迫ります。


■ 詳細内容は「URL」(下記↓記載)から、ご覧ください。


■本件の個別の取材・出演・執筆を、ご要望の際は、個別対応いたします。
 

■取材・出演の依頼
番組での解説・出演・コメント、執筆・寄稿、講演・セミナー、取材等のご依頼は、
お電話・メールにて、お願いします。

■当方は、消費・商業の空間の取材・被取材などで動いていますので、

土日も含めて、ご遠慮なく、ご連絡くださいませ。

お電話でも結構ですし、メールも、リアルタイムで、携帯スマホで確認します。
(メディア関係者・企業・法人様への対応ですので、一般個人の方はご遠慮下さい。)


※当総研が提供する情報は、正確性・完全性・有効性・真実性・最新性等、何らの保証もなく、利用・活用は、利活用者の自らの判断・責任であり、損害が生じても当方は一切の責任を負いません。
 

■【詳細の内容は?】
消費者経済総研の公式サイト内に、本件の特設ページを掲出中です。
詳細は、下記URLをご覧下さい。

http://retail-e.com/syouhisya-keizai-covid-kensa.html


■【筆者プロフィール】
松田 優幸 (消費者経済総研 チーフ・コンサルタント)
 

*1986年 私立武蔵高校 卒業
*1987年 慶応大学 経済学部 入学
     経済学部で、
     ・マクロ経済学(GDP・失業率・インフレーション・投資・貿易収支等)
     ・ミクロ経済学(家計・消費者、企業・生産者、取引市場等)・労働経済を専攻
      経済学科「高山研究室」にて、貿易経済学・環境経済学を研究
*1991年 慶応大学 卒業  東急不動産 入社
*1997年 親会社の東急電鉄へ逆出向
     消費の現場である商業施設と街づくりの計画担当
*2000年 東急不動産 復職
     各種の商業施設の企画開発・運営、接客等で消費の現場の最前線に立つ。
*2005年 東急不動産から、消費・商業・経済のコンサルティングをおこなう
     株式会社リテールエステートへ移籍
     14年間、全国の消費の現場を視察・調査。その数は多岐にわたる。
*現在  令和平成・消費者経済総研 チーフ・コンサルタント
     兼 リテール エステート リテール事業部長 (52歳)
     <資格> ファイナンシャル・プランナー他

詳細情報 : https://www.value-press.com/pressrelease/239632

戻る

Copyright© N PLUS,inc. All Rights Reserved.